TOP > 夫が浮気に求めるものは?シチュエーション別に分析

電話 初めての方 働く現場 なにがちがうのか 地方地図
ISO クレジットカード メディア実績

夫が浮気に求めるものは?シチュエーション別に分析

東京・飯田橋の浮気調査アクアです。

さて、我々は様々な浮気調査の案件を受けてきましたが、「妻の浮気・不倫をやめさせたい」という相談よりも、「夫の浮気・不倫をやめさせたい」という相談が圧倒的に多く、そのきっかけも多岐にわたっています。

どのようなケースであれ、「浮気のきっかけ」は必ずどこかに存在しています。

今回の記事では、なぜ夫が浮気に走ってしまったのかシチュエーション別に心理を分析してみようと思います。
 

職場での浮気:「尊敬されたい」という気持ちを満たしてくれる存在を欲する

 
まずは職場の同僚、部下に浮気する夫の心理から読み解いてみます。

職場での浮気の場合、男性が部下の女性に手を出す案件がとても多いです。それはどうしてなのでしょうか。

よくあるケースとして、家庭内の不満を浮気相手で満たそうとする場合。
夫が浮気をするのは、奥さんの代わりに夫の欲望に答えてくれる女性がいるからです。

では、男性は果たして何を求めているのでしょうか。
一言で言うと「自分のことを認め、評価してくれる」ことです。

男性は女性から尊敬されること、すごいと思ってもらうことで自信がつきますし、何よりそう思ってくれる女性のことを「可愛いな」と思います。

ですが、結婚してしばらく経つと奥さんから夫に対する尊敬の念は日常で徐々に薄れていきます。一方、職場では同僚や部下から頼りにされるシチュエーションがたくさんあります。意識もビジネスモードに切り替わっていますし、仕事が出来れば「頼れる上司」に憧れる女性から恋愛感情を抱かれやすく、それがちょうど「自分を評価してほしい」という夫の欲望を満たし浮気に繋がるのです。
 

キャバクラ:褒められることに飢えている、もしくはちょっとした刺激が欲しくなってハマる

 
夫がキャバ嬢に熱をあげている場合、その入れ込んでいるキャバ嬢の人間性によって求めることも多少変わってきます。
とはいえ、身近な人と浮気するのではなく、あくまで商売と割り切って接してくるキャバ嬢相手に夢中になっている人は、面倒ごと抜きに効率よく不満を解消してくれる相手を求めていると考えられます。

キャバクラにハマる入り口は気持ちの良い接客にあります。どんなに愚痴を言ってもキャバ嬢は親身に話を聞いてくれますし、たとえつまらない話だったとしても楽しそうにニコニコ相槌を打ってくれるので男性は話していて気持ちよくなります。

自分の話を肯定してくれるキャバクラの接客にハマる人は、褒めてもらうことに飢えていることが多いです。普段から褒められ、楽しく会話をしてくれる相手がいればわざわざキャバクラに通う理由はないですよね。キャバクラ通いをする夫が家庭でどんな立場でいるのか、家族からの扱われ方を想像してみてください。良好なイメージはあまり持てません。

もしくは、日々の生活に刺激を与えてくれる「ゲーム」要素としてキャバ嬢にハマるケースもあります。それは収入も安定し家庭も円満、平穏な生活を送っている男性に多いです。
本気の恋愛を求めているわけではなく、キャバ嬢を落としたらクリア、というライトなゲーム感覚で通っているのです。もしゲームクリアすればまだまだ自分は「男」としてイケるんだな、という自信にもつながりますからね。
 

出会い系:スリルと刺激を欲して燃え上がる。一時的なものがほとんど

 
出会い系はどんな人が来るかわからないという博打の一面があることを考えると、出会い系にハマる夫は非日常を味わえるスリルと刺激を欲していると考えられます。
いつもと変わらない平穏な日常にただただ飽きている男性は、出会い系での遊びは単発で終わることの方が多いです。

中には出会ってみて本当に好きになってしまうケースもありますが、身元もわからないような人を相手に最初から本気になる人の方が少ないのは当然でしょう。普段の相手を知らないがゆえに絆が深まる要素も少なく、実際会ってみて目が覚める可能性が高いので本気になってしまう危険性は低いのです。

ただ、一回きりの関係を待っている間の気持ちの盛り上がりは他の浮気と比べて大きくなりがちです。そのため、傍から見れば燃え上がっているように見えるかもしれませんが長くは続かないケースがほとんどです。

セックスレスも要因の一つとしては考えられるでしょう。出会い系は同僚に手を出すよりも展開が早く、後腐れなく終われるので男性にとっては好都合なのです。
 

趣味のサークル:「学生時代の恋愛」を思い出させる甘酸っぱさにハマる

 
これが一番厄介だな、と思います。
共通の趣味を持った人が集まって活動するようなサークル活動は学生時代の延長のようなもので、まるでその当時に戻ったかのような懐かしさを生み出します。同じ趣味を皆で一緒に楽しみ、頑張るのは学生時代に多いシチュエーションですからね。

「青春時代を懐かしみ、楽しむ」気持ちは誰もが持っています。中学校、高校のような青春を味わいたいな、と考えているところにちょうど良い社会人サークルがあることを知れば実際に参加する人は一定数います。
そして「サークル活動の後に皆でワイワイ手頃なファミレスでご飯を食べる」ような、まるで学生時代に戻ったような時間を一緒に過ごすことで甘酸っぱさを感じてしまうのです。

このような場では、無性に相手に対してときめきを感じ、気持ちが高まってしまう傾向があります。もちろんそれらは錯覚なのですが、夫やその相手が「これは真っ直ぐな純愛だ!」と強く思い込んでしまうと、目を覚まさせるハードルが上がってきます。
 

いかがでしたでしょうか。
当然のことながら浮気も千差万別です。

全てがこれに当てはまるわけではありませんが、シチュエーションごとに考えていくと、少しずつモヤっとして見えなかった相手の心理が掴めてきます。

この様な状況でお悩みの方、1人で考え込まず、まずはお気軽にアクアへご相談ください。