TOP > 浮気に悩む人の駆け込み寺は、浮気調査会社しかないのか。

電話 初めての方 働く現場 なにがちがうのか 地方地図
ISO クレジットカード メディア実績

浮気に悩む人の駆け込み寺は、浮気調査会社しかないのか。

浮気調査専門のアクアです。あなたは、もし、夫の浮気に気づいたらどうしますか?
多くの方は浮気の調査会社、または弁護士に相談すると思います。
しかし両者に相談すると、「離婚に向けて今後どう進めていくか」という話になることがほとんど。
しかし当の相談者はまだ離婚したいかどうか本心が定まっておらず、とにかくどうすればいいか分からない! という状態であることが多いです。
そんな中、アクアでは、まず混乱している女性の気持ちをしっかり受け止め、本心が定まってから浮気調査に入ることをおすすめしています。
まずは相談者が自分の気持ちをしっかり見定めることが大事で、浮気調査を依頼してもらうかどうかは二の次。なぜそのような考えに至ったのか。アクアで15年以上浮気に悩む女性の話を聴いてきたベテランカウンセラー、後藤さんに話を伺います。

dsc07521-1024x575

―初回の相談を受けるとき、相談者の多くはどのような状態でしょうか?

後藤:夫の浮気に対して「ちょっと怪しいな」と感じているだけの方から、自分で証拠までつかんでいる方までさまざまですね。ケータイをチェックしている方は多いかな。そのうえで、夫に対してどのように対応すれば良いか、皆さん悩んでいます。浮気を確信している方は、夫への恨み以上に、「こんなに辛い思いをさせられた!」と浮気相手に強い敵対心を抱いていることが多いです。

―相談者の特徴などありますか?

後藤:落ち込んで病んじゃっている人と、気が強そうな人の2パターンに分かれますね。
落ち込んでしまっている人は声も暗く、悩みすぎて、精神的にも参っていることが多いです。もし本人が「離婚したくない!」と言っていたら、現状のままだと旦那さんの心はもっと離れていきますよとお伝えします。
気の強そうな人は、夫をすでに問い詰めてしまっていることもあるので、「旦那さんをそんなに責めても相手は浮気を認めませんよ」と諭します。こちらのパターンにおいても、奥さんの性格がきつすぎると、たとえ夫に非があったとしても、夫の心は戻ってきません。そういったことをお話しします。

―相談者から連絡が来たとき、後藤さんはまずどのような対応をするのですか?

後藤:まず離婚したいのか、したくないのかを聞きます。そして離婚したくないのだったら、浮気相手を追い詰めようとしたり、慰謝料を請求したりしようとしたらダメだよ、と話します。

―なぜ離婚したくない場合、浮気相手を追い詰めてはいけないのでしょうか?

後藤:夫は、自分勝手なようですが、奥さんが浮気相手に敵対心をむき出しにすると、奥さんへの情が薄らいで、浮気相手に味方することが多いからです。
なかには、慰謝料を請求したのに、夫が勝手に慰謝料を浮気相手に渡しているなど、ますます浮気相手に肩入れしてしまうケースもあります。

―夫の浮気に気づいたら、やはり浮気調査をしたほうがいいのでしょうか?

後藤:弊社の宣伝をするつもりはありませんが、離婚するにしてもしないにしても証拠は持っておいたほうがいいと思います。最初は「離婚したくない!」と思っても、話が進んでいくうちに「やっぱり離婚した方がいいかも」と思い直すこともありますからね。浮気の証拠は3年間有効なので、万が一心変わりしたときのためにも、動かぬ証拠を持っていたほうがいいとは思います。

―証拠をつかむと相談者に変化が出てきますか?

後藤:証拠をつかむと奥さんの気持ちにゆとりが出てきますね。もし何か起きても、動かぬ証拠がある! と思えますから。
いざとなったら私の方が強い! と思えることは大事です。「何かあったら私のほうが有利」と思えると、気持ちに余裕が出てきます。その余裕が夫婦円満や関係改善に役立つのです。

―相談を受けても、浮気調査をしないというケースもあるのですか?

後藤:中には、奥さんが過敏になりすぎているケースもあります。本人は「旦那は絶対に浮気している!」と言い張るけれども、話を聞いてみてそう思えないものは、もう少し様子を見てから、調査するようにしていますね。浮気しているかどうか、不確かな段階でも調査はできますが、万が一浮気していなかったら、ムダな調査につながりかねません。そうなると、依頼者はムダな費用を支払うことになってしまいます。

―「過敏になりすぎているケース」とは例えばどんなケースですか?

後藤:感情的になっているなど口調や話しぶりで判断できますね。自分のことを棚に上げて、夫の悪口ばかり言ったり。また浮気相手とのLINEなど物的証拠はなく、「帰るのが遅くなった」「夫婦生活がなくなった」「ケンカが多くなった」など状況証拠ばかりを並べたり。当たっていることも多いですが、もう少し様子を見るよう促すことも少なくありません。

―実際、浮気調査とは、どのようにして行うのでしょうか?

後藤:実家に帰省するなど奥さんに家を空けてもらうのが一番良い方法です。すると疑いのある旦那の多くはその日に浮気相手と会うので、無駄なく証拠を押さえられます。
また弊社は浮気調査だけでなく、夫婦関係を改善するためのサポートプランも提供しています。こちらは電話サポートで5時間3万円、対面サポートは5時間5万円となっています。サポートプランを依頼されたお客様には、浮気調査をするだけでなく、「どうしたら離婚しないで済むか」についてもアドバイスしています。

―最後に、悩んでいる方に一言アドバイスをお願いします!

後藤:浮気調査を依頼するというのは勇気が要ることだと思います。しかし覚悟を決めて相談に来ていただく必要はありません。まずはお気軽にご相談ください。ご相談の際、アクアでは何が何でも浮気調査を勧めることはしません。まず浮気調査をすることにどのような意味があるのかお話しし、現在の状況を一緒に整理していきます。その際の相談料は無料です。それなので、気兼ねすることなくお問い合わせくださいね。